GSI の発行手順

まずは GS2-Identifier のマネージメントコンソールにアクセスします。

../../../_images/スクリーンショット_2016-12-01_18.45.59.png

左のメニューから「ユーザ」を選択します。

../../../_images/スクリーンショット_2016-12-01_18.46.18.png

右側がユーザの管理メニューに変わったら「ユーザの新規作成」ボタンを押します。

../../../_images/スクリーンショット_2016-12-01_18.46.29.png

ユーザの新規作成フォームが表示されたら必要事項を入力します。

../../../_images/スクリーンショット_2016-12-01_18.46.40.png

GSI の同時作成 のチェックボックスにチェックを入れて、「登録」ボタンをクリックしてください。

GSI は GS2 の API を利用するための認証鍵です。

../../../_images/スクリーンショット_2016-12-01_18.47.25.png

これでユーザの作成と、そのユーザの権限でAPIにアクセスできる認証鍵の作成が完了しました。

クライアントIDとクライアントシークレットが表示されますので、メモしておいてください。

特にクライアントシークレットはこのページでしか確認できません。

../../../_images/スクリーンショット_2016-12-01_18.47.45.png

閉じるを選択すると、ユーザ一覧のメニューに戻ります。

先ほど作成したユーザが一覧に表示されるようになったと思いますので、選択します。

すると、画面右下にそのユーザに関する情報が表示されます。

「ポリシー」というタブを選択してください。

ここでは、このユーザの行える権限を設定することが出来ます。

今はなんのポリシーも割り当てられていませんので、このままでは何も出来ません。

「ポリシーの割り当て」を選択します。

../../../_images/スクリーンショット_2016-12-01_18.47.54.png

ポリシーにはGS2 があらかじめ用意したプリセットと、自分で好みのポリシーを定義したものの2種類が存在します。

今回はとりあえずサクッと使い始めるために GS2 が用意したプリセットの中で最も権限の強くなんでもできる AdministratorAccess を割り当てることにします。

AdministratorAccess の横の「ポリシーの割り当て」を選択します。

../../../_images/スクリーンショット_2016-12-01_18.48.10.png

ポリシーの候補から AdministratorAccess が消えたら割り当ては完了です。

上部のパンくずリストから「ユーザ」を選択して戻ります。

../../../_images/スクリーンショット_2016-12-01_18.48.21.png

割り当て済みのポリシーに AdministratorAccess が増えていれば権限設定は可能です。

これで、登録時に取得した GSI を利用してあらゆるAPIが利用できるようになりました。

なお、このポリシーの内容は一定時間GS2のシステム内でキャッシュされており、変更の反映に数分かかることがあります。