GS2-Script 内で使用できるAPIリファレンス

GS2-Script 内で以下のAPIを呼び出した際にはレスポンス値が直接戻るのではなく、

エラーハンドリングのメタデータにくるまれた状態でレスポンスを受け取ります。

{
    isError=[bool] エラーが発生したか,
    statusCode=[number] ステータスコード(http status code に準拠),
    errorMessage=[string] エラーメッセージ(エラー発生時にのみ指定されます),
    result=[table] APIレスポンス(正常時にのみ指定されます)
}

別ウィンドウで開く