GS2-Gacha

GS2-Gacha は ガチャ機能を提供するサービスです。

レアリティ毎の抽選確率を設定し、そのレアリティ内でリソース毎の抽選確率を設定出来ます。 これによって、レアリティ毎の排出確率を調整する手間が省け、運用がスムーズになります。

また、抽選確率は重みベースの確率設定が可能で、登録したりソースの抽選確率の合計が100%になるよう調整するような手間もありません。 これはたとえば、リソースAを1に、リソースBを4に設定すると、リソースAの排出率が20%。リソースBの排出率が80%として処理されることを意味します。

GS2に登録した抽選確率をクライアントに提供する機能も存在します。 これによって、実際の抽選確率とドキュメントの抽選確率に齟齬が発生するような運用上のミスを最小限に抑えることが可能です。

GS2-Gacha においては、ガチャと排出確率テーブルは別途管理されており、異なるガチャで排出確率テーブルを使い回すことが出来ます。 これによって、単発ガチャと10連ガチャで同じ排出確率テーブルを共有することが可能です。 また、10連ガチャのような複数回抽選するガチャにおいて、抽選回数毎に異なる排出確率テーブルを設定出来ます。 これによって、10連ガチャでSR以上確定。のような設定が可能です。

GS2-Showcase と連携することで、ガチャの公開期間や抽選回数の制限を設けることが出来ます。

GS2-Gacha に関する GS2-Script イベントフックタイミング