GS2-Ranking GS2-Deploy/CDK リファレンス

エンティティ

Namespace

ネームスペース

ネームスペースは一つのプロジェクトで同じサービスを異なる用途で複数利用できるようにするための仕組みです。 GS2 のサービスは基本的にネームスペースというレイヤーがあり、ネームスペースが異なれば同じサービスでもまったく別のデータ空間として取り扱われます。

そのため、各サービスの利用を開始するにあたってネームスペースを作成する必要があります。

必須デフォルト値の制限説明
namestring~ 32文字ネームスペース名
descriptionstring~ 1024文字説明文
logSettingLogSettingログの出力設定

GetAttr

説明
ItemNamespace作成したネームスペース

実装例

Type: GS2::Ranking::Namespace
Properties:
  Name: namespace1
  Description: null
  LogSetting: 
    LoggingNamespaceId: grn:gs2:ap-northeast-1:YourOwnerId:log:namespace1
from gs2_cdk import Stack, core, ranking

class SampleStack(Stack):

    def __init__(self):
        super().__init__()
        ranking.Namespace(
            stack=self,
            name="namespace-0001",
            options=ranking.NamespaceOptions(
                log_setting=core.LogSetting(
                    logging_namespace_id='grn:gs2:ap-northeast-1:YourOwnerId:log:namespace-0001',
                ),
            ),
        )

print(SampleStack().yaml())  # Generate Template
class SampleStack extends \Gs2Cdk\Core\Model\Stack
{
    function __construct() {
        parent::__construct();
        new \Gs2Cdk\Ranking\Model\Namespace_(
            stack: $this,
            name: "namespace-0001",
            options: new \Gs2Cdk\Ranking\Model\Options\NamespaceOptions(
                logSetting: new \Gs2Cdk\Core\Model\LogSetting(
                    loggingNamespaceId: "grn:gs2:ap-northeast-1:YourOwnerId:log:namespace-0001",
                ),
            ),
        );
    }
}

print((new SampleStack())->yaml());  // Generate Template
class SampleStack extends io.gs2.cdk.core.model.Stack
{
    public SampleStack() {
        super();
        new io.gs2.cdk.ranking.model.Namespace(
            this,
            "namespace-0001",
            new io.gs2.cdk.ranking.model.options.NamespaceOptions() {
                {
                    logSetting = new io.gs2.cdk.core.model.LogSetting(
                        "grn:gs2:ap-northeast-1:YourOwnerId:log:namespace-0001"
                    );
                }
            }
        );
    }
}

System.out.println(new SampleStack().yaml());  // Generate Template
import core from "@/gs2cdk/core";
import ranking from "@/gs2cdk/ranking";

class SampleStack extends core.Stack
{
    public constructor() {
        super();
        new ranking.model.Namespace(
            this,
            "namespace-0001",
            {
                logSetting: new core.LogSetting(
                    "grn:gs2:ap-northeast-1:YourOwnerId:log:namespace-0001"
                )
            }
        );
    }
}

console.log(new SampleStack().yaml());  // Generate Template
public class SampleStack : Gs2Cdk.Core.Model.Stack
{
    public SampleStack() {
        new Gs2Cdk.Gs2Ranking.Model.Namespace(
            this,
            "namespace-0001",
            new Gs2Cdk.Gs2Ranking.Model.Options.NamespaceOptions {
                logSetting = new Gs2Cdk.Core.Model.LogSetting(
                    "grn:gs2:ap-northeast-1:YourOwnerId:log:namespace-0001"
                ),
            }
        );
    }
}

Debug.Log(new SampleStack().Yaml());  // Generate Template

CurrentRankingMaster

現在有効なマスターデータ

GS2ではマスターデータの管理にJSON形式のファイルを使用します。 ファイルをアップロードすることで、実際にサーバーに設定を反映することができます。

JSONファイルを作成する方法として、マネージメントコンソール上でのマスターデータエディタを提供していますが よりゲームの運営に相応しいツールを作成し、適切なフォーマットのJSONファイルを書き出すことでもサービスを利用可能です。

JSONファイルの形式についてはドキュメントを参照ください。

必須デフォルト値の制限説明
namespaceNamestring~ 32文字ネームスペース名
settingsstring~ 5242880文字マスターデータ

GetAttr

説明
ItemCurrentRankingMaster更新した現在有効なランキング設定

実装例

Type: GS2::Ranking::CurrentRankingMaster
Properties:
  NamespaceName: namespace1
  Settings: {
    "version": "2019-09-17",
    "categories": [
      {
        "name": "category-0001",
        "orderDirection": "asc",
        "scope": "global",
        "calculateIntervalMinutes": 15,
        "uniqueByUserId": true
      },
      {
        "name": "category-0002",
        "orderDirection": "desc",
        "scope": "global",
        "calculateIntervalMinutes": 15,
        "uniqueByUserId": false
      },
      {
        "name": "category-0003",
        "orderDirection": "asc",
        "scope": "scoped",
        "minimumValue": 100,
        "maximumValue": 10000,
        "uniqueByUserId": true
      },
      {
        "name": "category-0004",
        "orderDirection": "desc",
        "scope": "scoped",
        "minimumValue": 100,
        "maximumValue": 10000,
        "uniqueByUserId": false
      },
      {
        "name": "category-0005",
        "orderDirection": "asc",
        "scope": "global",
        "calculateIntervalMinutes": 15,
        "uniqueByUserId": true
      }
    ]
  }
from gs2_cdk import Stack, core, ranking

class SampleStack(Stack):

    def __init__(self):
        super().__init__()
        ranking.Namespace(
            stack=self,
            # 省略
        ).master_data(
            [
            ],
        )

print(SampleStack().yaml())  # Generate Template
class SampleStack extends \Gs2Cdk\Core\Model\Stack
{
    function __construct() {
        parent::__construct();
        (new \Gs2Cdk\Ranking\Model\Namespace_(
            stack: $this,
            // 省略
        ))->masterData(
            [
            ],
        );
    }
}

print((new SampleStack())->yaml());  // Generate Template
class SampleStack extends io.gs2.cdk.core.model.Stack
{
    public SampleStack() {
        super();
        new io.gs2.cdk.ranking.model.Namespace(
            this,
            // 省略
        ).masterData(
            Arrays.asList(
            )
        );
    }
}

System.out.println(new SampleStack().yaml());  // Generate Template
import core from "@/gs2cdk/core";
import ranking from "@/gs2cdk/ranking";

class SampleStack extends core.Stack
{
    public constructor() {
        super();
        new ranking.model.Namespace(
            this,
            // 省略
        ).masterData(
            [
            ]
        );
    }
}

console.log(new SampleStack().yaml());  // Generate Template
public class SampleStack : Gs2Cdk.Core.Model.Stack
{
    public SampleStack() {
        new Gs2Cdk.Gs2Ranking.Model.Namespace(
            this,
            // 省略
        ).MasterData(
            new [] {
            }
        );
    }
}

Debug.Log(new SampleStack().Yaml());  // Generate Template

Ranking

ランキング

ランキングには「参加者全員が同じボード上で競い合う」 グローバルランキング と、「購読したプレイヤーのスコアと競い合う」 スコープランキング があります。

必須デフォルト値の制限説明
ranklong1 ~ 9223372036854775805順位
indexlong~ 92233720368547758051位からのインデックス
categoryNamestring~ 128文字カテゴリ名
userIdstring~ 128文字ユーザーID
scorelong~ 9223372036854775805スコア
metadatastring~ 512文字メタデータ
createdAtlong作成日時

Scope

集計スコープ

グローバルランキングモードで使用可能。 通常グローバルランキングは登録されたスコア全てを対象にランキングの集計が行われます。

必須デフォルト値の制限説明
namestring~ 128文字スコープ名
targetDayslong1 ~ 365集計対象日数

CalculatedAt

最終集計日時

必須デフォルト値の制限説明
categoryNamestring~ 128文字カテゴリ名
calculatedAtlong集計日時

GitHubCheckoutSetting

GitHubからマスターデータをチェックアウトする設定

必須デフォルト値の制限説明
apiKeyIdstring~ 1024文字GitHub のAPIキーGRN
repositoryNamestring~ 1024文字リポジトリ名
sourcePathstring~ 1024文字ソースコードのファイルパス
referenceTypeenum [
“commit_hash”,
“branch”,
“tag”
]
~ 128文字コードの取得元
commitHashstring{referenceType} == “commit_hash”~ 1024文字コミットハッシュ
branchNamestring{referenceType} == “branch”~ 1024文字ブランチ名
tagNamestring{referenceType} == “tag”~ 1024文字タグ名

LogSetting

ログの書き出し設定

ログデータの書き出し設定を管理します。この型は、ログデータを書き出すために使用されるログ名前空間の識別子(Namespace ID)を保持します。 ログ名前空間IDは、ログデータを集約し、保存する対象の GS2-Log の名前空間を指定します。 この設定を通じて、この名前空間以下のAPIリクエスト・レスポンスログデータが対象の GS2-Log へ出力されるようになります。 GS2-Log にはリアルタイムでログが提供され、システムの監視や分析、デバッグなどに利用できます。

必須デフォルト値の制限説明
loggingNamespaceIdstring~ 1024文字ネームスペースGRN