GS2-Inventory トランザクションアクション

ConsumeAction

Gs2Inventory:VerifyInventoryCurrentMaxCapacityByUserId

ユーザーIDを指定して現在のインベントリの最大容量を検証

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
inventoryNamestringインベントリモデル名
verifyTypeenum [
“less”,
“lessEqual”,
“greater”,
“greaterEqual”,
“equal”,
“notEqual”
]
検証の種類
currentInventoryMaxCapacityint最大キャパシティ
{
    "action": "Gs2Inventory:VerifyInventoryCurrentMaxCapacityByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "inventoryName": "[string]インベントリモデル名",
        "verifyType": "[string]検証の種類",
        "currentInventoryMaxCapacity": "[int]最大キャパシティ"
    }
}
action: Gs2Inventory:VerifyInventoryCurrentMaxCapacityByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  inventoryName: "[string]インベントリモデル名"
  verifyType: "[string]検証の種類"
  currentInventoryMaxCapacity: "[int]最大キャパシティ"
transaction.service("inventory").consume.verify_inventory_current_max_capacity_by_user_id({
  namespaceName="[string]ネームスペース名",
  userId="[string]ユーザーID",
  inventoryName="[string]インベントリモデル名",
  verifyType="[string]検証の種類",
  currentInventoryMaxCapacity="[int]最大キャパシティ",
})

Gs2Inventory:ConsumeItemSetByUserId

ユーザーIDを指定してインベントリのアイテムを消費

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:はい

説明
namespaceNamestringネームスペース名
inventoryNamestringインベントリモデルの名前
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
itemNamestringアイテムモデルの名前
consumeCountlong消費する量
itemSetNamestringアイテムセットを識別する名前
{
    "action": "Gs2Inventory:ConsumeItemSetByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "inventoryName": "[string]インベントリモデルの名前",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "itemName": "[string]アイテムモデルの名前",
        "consumeCount": "[long]消費する量",
        "itemSetName": "[string]アイテムセットを識別する名前"
    }
}
action: Gs2Inventory:ConsumeItemSetByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  inventoryName: "[string]インベントリモデルの名前"
  userId: "[string]ユーザーID"
  itemName: "[string]アイテムモデルの名前"
  consumeCount: "[long]消費する量"
  itemSetName: "[string]アイテムセットを識別する名前"
transaction.service("inventory").consume.consume_item_set_by_user_id({
  namespaceName="[string]ネームスペース名",
  inventoryName="[string]インベントリモデルの名前",
  userId="[string]ユーザーID",
  itemName="[string]アイテムモデルの名前",
  consumeCount="[long]消費する量",
  itemSetName="[string]アイテムセットを識別する名前",
})

Gs2Inventory:VerifyItemSetByUserId

ユーザーIDを指定して所持数量を検証

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
inventoryNamestringインベントリモデル名
itemNamestringアイテムモデルの名前
verifyTypeenum [
“less”,
“lessEqual”,
“greater”,
“greaterEqual”,
“equal”,
“notEqual”
]
検証の種類
itemSetNamestringアイテムセットを識別する名前
countlong所持数量
{
    "action": "Gs2Inventory:VerifyItemSetByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "inventoryName": "[string]インベントリモデル名",
        "itemName": "[string]アイテムモデルの名前",
        "verifyType": "[string]検証の種類",
        "itemSetName": "[string]アイテムセットを識別する名前",
        "count": "[long]所持数量"
    }
}
action: Gs2Inventory:VerifyItemSetByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  inventoryName: "[string]インベントリモデル名"
  itemName: "[string]アイテムモデルの名前"
  verifyType: "[string]検証の種類"
  itemSetName: "[string]アイテムセットを識別する名前"
  count: "[long]所持数量"
transaction.service("inventory").consume.verify_item_set_by_user_id({
  namespaceName="[string]ネームスペース名",
  userId="[string]ユーザーID",
  inventoryName="[string]インベントリモデル名",
  itemName="[string]アイテムモデルの名前",
  verifyType="[string]検証の種類",
  itemSetName="[string]アイテムセットを識別する名前",
  count="[long]所持数量",
})

Gs2Inventory:VerifyReferenceOfByUserId

ユーザーIDを指定して参照元に関する検証

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
inventoryNamestringインベントリモデルの名前
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
itemNamestringアイテムモデルの名前
itemSetNamestringアイテムセットを識別する名前
referenceOfstringこの所持品の参照元
verifyTypeenum [
“not_entry”,
“already_entry”,
“empty”,
“not_empty”
]
検証の種類
{
    "action": "Gs2Inventory:VerifyReferenceOfByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "inventoryName": "[string]インベントリモデルの名前",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "itemName": "[string]アイテムモデルの名前",
        "itemSetName": "[string]アイテムセットを識別する名前",
        "referenceOf": "[string]この所持品の参照元",
        "verifyType": "[string]検証の種類"
    }
}
action: Gs2Inventory:VerifyReferenceOfByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  inventoryName: "[string]インベントリモデルの名前"
  userId: "[string]ユーザーID"
  itemName: "[string]アイテムモデルの名前"
  itemSetName: "[string]アイテムセットを識別する名前"
  referenceOf: "[string]この所持品の参照元"
  verifyType: "[string]検証の種類"
transaction.service("inventory").consume.verify_reference_of_by_user_id({
  namespaceName="[string]ネームスペース名",
  inventoryName="[string]インベントリモデルの名前",
  userId="[string]ユーザーID",
  itemName="[string]アイテムモデルの名前",
  itemSetName="[string]アイテムセットを識別する名前",
  referenceOf="[string]この所持品の参照元",
  verifyType="[string]検証の種類",
})

Gs2Inventory:ConsumeSimpleItemsByUserId

ユーザーIDを指定してシンプルインベントリのシンプルアイテムを消費

数量指定可能なアクション:いいえ

反転可能なアクション:はい

説明
namespaceNamestringネームスペース名
inventoryNamestringシンプルインベントリモデル名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
consumeCountsConsumeCount[]シンプルアイテムの消費数量リスト
{
    "action": "Gs2Inventory:ConsumeSimpleItemsByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "inventoryName": "[string]シンプルインベントリモデル名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "consumeCounts": [
            {
                "itemName": "[string]シンプルアイテムモデルの名前",
                "count": "[long]消費する量"
            }
        ]
    }
}
action: Gs2Inventory:ConsumeSimpleItemsByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  inventoryName: "[string]シンプルインベントリモデル名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  consumeCounts: 
  - itemName: "[string]シンプルアイテムモデルの名前"
    count: "[long]消費する量"
transaction.service("inventory").consume.consume_simple_items_by_user_id({
  namespaceName="[string]ネームスペース名",
  inventoryName="[string]シンプルインベントリモデル名",
  userId="[string]ユーザーID",
  consumeCounts={
      
      itemName="[string]シンプルアイテムモデルの名前",
      count="[long]消費する量"
  },
})

Gs2Inventory:VerifySimpleItemByUserId

ユーザーIDを指定してシンプルインベントリの所持数量を検証

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
inventoryNamestringシンプルインベントリモデル名
itemNamestringシンプルアイテムモデルの名前
verifyTypeenum [
“less”,
“lessEqual”,
“greater”,
“greaterEqual”,
“equal”,
“notEqual”
]
検証の種類
countlong所持数量
{
    "action": "Gs2Inventory:VerifySimpleItemByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "inventoryName": "[string]シンプルインベントリモデル名",
        "itemName": "[string]シンプルアイテムモデルの名前",
        "verifyType": "[string]検証の種類",
        "count": "[long]所持数量"
    }
}
action: Gs2Inventory:VerifySimpleItemByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  inventoryName: "[string]シンプルインベントリモデル名"
  itemName: "[string]シンプルアイテムモデルの名前"
  verifyType: "[string]検証の種類"
  count: "[long]所持数量"
transaction.service("inventory").consume.verify_simple_item_by_user_id({
  namespaceName="[string]ネームスペース名",
  userId="[string]ユーザーID",
  inventoryName="[string]シンプルインベントリモデル名",
  itemName="[string]シンプルアイテムモデルの名前",
  verifyType="[string]検証の種類",
  count="[long]所持数量",
})

Gs2Inventory:ConsumeBigItemByUserId

ユーザーIDを指定して巨大インベントリの巨大アイテムを消費

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:はい

説明
namespaceNamestringネームスペース名
inventoryNamestring巨大インベントリモデル名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
itemNamestring巨大アイテムモデル名
consumeCountstring巨大アイテムの消費数量
{
    "action": "Gs2Inventory:ConsumeBigItemByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "inventoryName": "[string]巨大インベントリモデル名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "itemName": "[string]巨大アイテムモデル名",
        "consumeCount": "[string]巨大アイテムの消費数量"
    }
}
action: Gs2Inventory:ConsumeBigItemByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  inventoryName: "[string]巨大インベントリモデル名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  itemName: "[string]巨大アイテムモデル名"
  consumeCount: "[string]巨大アイテムの消費数量"
transaction.service("inventory").consume.consume_big_item_by_user_id({
  namespaceName="[string]ネームスペース名",
  inventoryName="[string]巨大インベントリモデル名",
  userId="[string]ユーザーID",
  itemName="[string]巨大アイテムモデル名",
  consumeCount="[string]巨大アイテムの消費数量",
})

Gs2Inventory:VerifyBigItemByUserId

ユーザーIDを指定して巨大アイテムの所持数量を検証

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
inventoryNamestring巨大インベントリモデル名
itemNamestring巨大アイテムモデルの名前
verifyTypeenum [
“less”,
“lessEqual”,
“greater”,
“greaterEqual”,
“equal”,
“notEqual”
]
検証の種類
countstring所持数量
{
    "action": "Gs2Inventory:VerifyBigItemByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "inventoryName": "[string]巨大インベントリモデル名",
        "itemName": "[string]巨大アイテムモデルの名前",
        "verifyType": "[string]検証の種類",
        "count": "[string]所持数量"
    }
}
action: Gs2Inventory:VerifyBigItemByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  inventoryName: "[string]巨大インベントリモデル名"
  itemName: "[string]巨大アイテムモデルの名前"
  verifyType: "[string]検証の種類"
  count: "[string]所持数量"
transaction.service("inventory").consume.verify_big_item_by_user_id({
  namespaceName="[string]ネームスペース名",
  userId="[string]ユーザーID",
  inventoryName="[string]巨大インベントリモデル名",
  itemName="[string]巨大アイテムモデルの名前",
  verifyType="[string]検証の種類",
  count="[string]所持数量",
})

AcquireAction

Gs2Inventory:AddCapacityByUserId

キャパシティサイズを加算

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
inventoryNamestringインベントリモデル名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
addCapacityValueint加算するキャパシティサイズ
{
    "action": "Gs2Inventory:AddCapacityByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "inventoryName": "[string]インベントリモデル名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "addCapacityValue": "[int]加算するキャパシティサイズ"
    }
}
action: Gs2Inventory:AddCapacityByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  inventoryName: "[string]インベントリモデル名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  addCapacityValue: "[int]加算するキャパシティサイズ"
transaction.service("inventory").acquire.add_capacity_by_user_id({
  namespaceName="[string]ネームスペース名",
  inventoryName="[string]インベントリモデル名",
  userId="[string]ユーザーID",
  addCapacityValue="[int]加算するキャパシティサイズ",
})

Gs2Inventory:SetCapacityByUserId

キャパシティサイズを設定

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
inventoryNamestringインベントリモデル名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
newCapacityValueintインベントリの新しい最大キャパシティ
{
    "action": "Gs2Inventory:SetCapacityByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "inventoryName": "[string]インベントリモデル名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "newCapacityValue": "[int]インベントリの新しい最大キャパシティ"
    }
}
action: Gs2Inventory:SetCapacityByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  inventoryName: "[string]インベントリモデル名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  newCapacityValue: "[int]インベントリの新しい最大キャパシティ"
transaction.service("inventory").acquire.set_capacity_by_user_id({
  namespaceName="[string]ネームスペース名",
  inventoryName="[string]インベントリモデル名",
  userId="[string]ユーザーID",
  newCapacityValue="[int]インベントリの新しい最大キャパシティ",
})

Gs2Inventory:AcquireItemSetByUserId

アイテムをインベントリに追加

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:はい

説明
namespaceNamestringネームスペース名
inventoryNamestringインベントリモデル名
itemNamestringアイテムモデルの名前
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
acquireCountlong入手する量
expiresAtlong有効期限
createNewItemSetbool既存の ItemSet に空きがあったとしても、新しい ItemSet を作成するか
itemSetNamestringアイテムセットを識別する名前
{
    "action": "Gs2Inventory:AcquireItemSetByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "inventoryName": "[string]インベントリモデル名",
        "itemName": "[string]アイテムモデルの名前",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "acquireCount": "[long]入手する量",
        "expiresAt": "[long]有効期限",
        "createNewItemSet": "[bool]既存の ItemSet に空きがあったとしても、新しい ItemSet を作成するか",
        "itemSetName": "[string]アイテムセットを識別する名前"
    }
}
action: Gs2Inventory:AcquireItemSetByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  inventoryName: "[string]インベントリモデル名"
  itemName: "[string]アイテムモデルの名前"
  userId: "[string]ユーザーID"
  acquireCount: "[long]入手する量"
  expiresAt: "[long]有効期限"
  createNewItemSet: "[bool]既存の ItemSet に空きがあったとしても、新しい ItemSet を作成するか"
  itemSetName: "[string]アイテムセットを識別する名前"
transaction.service("inventory").acquire.acquire_item_set_by_user_id({
  namespaceName="[string]ネームスペース名",
  inventoryName="[string]インベントリモデル名",
  itemName="[string]アイテムモデルの名前",
  userId="[string]ユーザーID",
  acquireCount="[long]入手する量",
  expiresAt="[long]有効期限",
  createNewItemSet="[bool]既存の ItemSet に空きがあったとしても、新しい ItemSet を作成するか",
  itemSetName="[string]アイテムセットを識別する名前",
})

Gs2Inventory:AcquireItemSetWithGradeByUserId

GS2-Grade にグレードを設定しつつ、アイテムを1つインベントリに追加

数量指定可能なアクション:いいえ

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
inventoryNamestringインベントリモデル名
itemNamestringアイテムモデルの名前
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
gradeModelIdstringグレードモデルGRN
gradeValuelong設定するグレード値
{
    "action": "Gs2Inventory:AcquireItemSetWithGradeByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "inventoryName": "[string]インベントリモデル名",
        "itemName": "[string]アイテムモデルの名前",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "gradeModelId": "[string]グレードモデルGRN",
        "gradeValue": "[long]設定するグレード値"
    }
}
action: Gs2Inventory:AcquireItemSetWithGradeByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  inventoryName: "[string]インベントリモデル名"
  itemName: "[string]アイテムモデルの名前"
  userId: "[string]ユーザーID"
  gradeModelId: "[string]グレードモデルGRN"
  gradeValue: "[long]設定するグレード値"
transaction.service("inventory").acquire.acquire_item_set_with_grade_by_user_id({
  namespaceName="[string]ネームスペース名",
  inventoryName="[string]インベントリモデル名",
  itemName="[string]アイテムモデルの名前",
  userId="[string]ユーザーID",
  gradeModelId="[string]グレードモデルGRN",
  gradeValue="[long]設定するグレード値",
})

Gs2Inventory:AddReferenceOfByUserId

ユーザーIDを指定して参照元を追加

数量指定可能なアクション:いいえ

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
inventoryNamestringインベントリモデルの名前
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
itemNamestringアイテムモデルの名前
itemSetNamestringアイテムセットを識別する名前
referenceOfstringこの所持品の参照元
{
    "action": "Gs2Inventory:AddReferenceOfByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "inventoryName": "[string]インベントリモデルの名前",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "itemName": "[string]アイテムモデルの名前",
        "itemSetName": "[string]アイテムセットを識別する名前",
        "referenceOf": "[string]この所持品の参照元"
    }
}
action: Gs2Inventory:AddReferenceOfByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  inventoryName: "[string]インベントリモデルの名前"
  userId: "[string]ユーザーID"
  itemName: "[string]アイテムモデルの名前"
  itemSetName: "[string]アイテムセットを識別する名前"
  referenceOf: "[string]この所持品の参照元"
transaction.service("inventory").acquire.add_reference_of_by_user_id({
  namespaceName="[string]ネームスペース名",
  inventoryName="[string]インベントリモデルの名前",
  userId="[string]ユーザーID",
  itemName="[string]アイテムモデルの名前",
  itemSetName="[string]アイテムセットを識別する名前",
  referenceOf="[string]この所持品の参照元",
})

Gs2Inventory:DeleteReferenceOfByUserId

ユーザーIDを指定して参照元を削除

数量指定可能なアクション:いいえ

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
inventoryNamestringインベントリモデルの名前
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
itemNamestringアイテムモデルの名前
itemSetNamestringアイテムセットを識別する名前
referenceOfstringこの所持品の参照元
{
    "action": "Gs2Inventory:DeleteReferenceOfByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "inventoryName": "[string]インベントリモデルの名前",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "itemName": "[string]アイテムモデルの名前",
        "itemSetName": "[string]アイテムセットを識別する名前",
        "referenceOf": "[string]この所持品の参照元"
    }
}
action: Gs2Inventory:DeleteReferenceOfByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  inventoryName: "[string]インベントリモデルの名前"
  userId: "[string]ユーザーID"
  itemName: "[string]アイテムモデルの名前"
  itemSetName: "[string]アイテムセットを識別する名前"
  referenceOf: "[string]この所持品の参照元"
transaction.service("inventory").acquire.delete_reference_of_by_user_id({
  namespaceName="[string]ネームスペース名",
  inventoryName="[string]インベントリモデルの名前",
  userId="[string]ユーザーID",
  itemName="[string]アイテムモデルの名前",
  itemSetName="[string]アイテムセットを識別する名前",
  referenceOf="[string]この所持品の参照元",
})

Gs2Inventory:AcquireSimpleItemsByUserId

シンプルアイテムをシンプルインベントリに追加

数量指定可能なアクション:いいえ

反転可能なアクション:はい

説明
namespaceNamestringネームスペース名
inventoryNamestringシンプルインベントリモデル名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
acquireCountsAcquireCount[]シンプルアイテムの入手数量リスト
{
    "action": "Gs2Inventory:AcquireSimpleItemsByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "inventoryName": "[string]シンプルインベントリモデル名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "acquireCounts": [
            {
                "itemName": "[string]シンプルアイテムモデルの名前",
                "count": "[long]入手する量"
            }
        ]
    }
}
action: Gs2Inventory:AcquireSimpleItemsByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  inventoryName: "[string]シンプルインベントリモデル名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  acquireCounts: 
    - itemName: "[string]シンプルアイテムモデルの名前"
      count: "[long]入手する量"
transaction.service("inventory").acquire.acquire_simple_items_by_user_id({
  namespaceName="[string]ネームスペース名",
  inventoryName="[string]シンプルインベントリモデル名",
  userId="[string]ユーザーID",
  acquireCounts={
      
      itemName="[string]シンプルアイテムモデルの名前",
      count="[long]入手する量"
  },
})

Gs2Inventory:SetSimpleItemsByUserId

シンプルインベントリのシンプルアイテムの所持数量に任意の値を設定

数量指定可能なアクション:いいえ

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
inventoryNamestringシンプルインベントリモデル名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
countsHeldCount[]シンプルアイテムの所持数量リスト
{
    "action": "Gs2Inventory:SetSimpleItemsByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "inventoryName": "[string]シンプルインベントリモデル名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "counts": [
            {
                "itemName": "[string]シンプルアイテムモデルの名前",
                "count": "[long]所持数量"
            }
        ]
    }
}
action: Gs2Inventory:SetSimpleItemsByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  inventoryName: "[string]シンプルインベントリモデル名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  counts: 
    - itemName: "[string]シンプルアイテムモデルの名前"
      count: "[long]所持数量"
transaction.service("inventory").acquire.set_simple_items_by_user_id({
  namespaceName="[string]ネームスペース名",
  inventoryName="[string]シンプルインベントリモデル名",
  userId="[string]ユーザーID",
  counts={
      
      itemName="[string]シンプルアイテムモデルの名前",
      count="[long]所持数量"
  },
})

Gs2Inventory:AcquireBigItemByUserId

巨大アイテムを巨大インベントリに追加

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:はい

説明
namespaceNamestringネームスペース名
inventoryNamestring巨大インベントリモデル名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
itemNamestring巨大アイテムモデル名
acquireCountstring巨大アイテムの入手数量
{
    "action": "Gs2Inventory:AcquireBigItemByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "inventoryName": "[string]巨大インベントリモデル名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "itemName": "[string]巨大アイテムモデル名",
        "acquireCount": "[string]巨大アイテムの入手数量"
    }
}
action: Gs2Inventory:AcquireBigItemByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  inventoryName: "[string]巨大インベントリモデル名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  itemName: "[string]巨大アイテムモデル名"
  acquireCount: "[string]巨大アイテムの入手数量"
transaction.service("inventory").acquire.acquire_big_item_by_user_id({
  namespaceName="[string]ネームスペース名",
  inventoryName="[string]巨大インベントリモデル名",
  userId="[string]ユーザーID",
  itemName="[string]巨大アイテムモデル名",
  acquireCount="[string]巨大アイテムの入手数量",
})

Gs2Inventory:SetBigItemByUserId

巨大インベントリの巨大アイテムに任意の値を設定

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
inventoryNamestring巨大インベントリモデル名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
itemNamestring巨大アイテムモデル名
countstring巨大アイテムの数量
{
    "action": "Gs2Inventory:SetBigItemByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "inventoryName": "[string]巨大インベントリモデル名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "itemName": "[string]巨大アイテムモデル名",
        "count": "[string]巨大アイテムの数量"
    }
}
action: Gs2Inventory:SetBigItemByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  inventoryName: "[string]巨大インベントリモデル名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  itemName: "[string]巨大アイテムモデル名"
  count: "[string]巨大アイテムの数量"
transaction.service("inventory").acquire.set_big_item_by_user_id({
  namespaceName="[string]ネームスペース名",
  inventoryName="[string]巨大インベントリモデル名",
  userId="[string]ユーザーID",
  itemName="[string]巨大アイテムモデル名",
  count="[string]巨大アイテムの数量",
})