GS2-Idle トランザクションアクション

ConsumeAction

Gs2Idle:DecreaseMaximumIdleMinutesByUserId

ユーザーIDを指定して最大待機時間を減算

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:はい

説明
namespaceNamestringネームスペース名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
categoryNamestringカテゴリーモデル名
decreaseMinutesint最大待機時間を減らす分数
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Idle:DecreaseMaximumIdleMinutesByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "categoryName": "[string]カテゴリーモデル名",
        "decreaseMinutes": "[int]最大待機時間を減らす分数",
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Idle:DecreaseMaximumIdleMinutesByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  categoryName: "[string]カテゴリーモデル名"
  decreaseMinutes: "[int]最大待機時間を減らす分数"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("idle").consume.decrease_maximum_idle_minutes_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    userId="[string]ユーザーID",
    categoryName="[string]カテゴリーモデル名",
    decreaseMinutes="[int]最大待機時間を減らす分数",
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})

AcquireAction

Gs2Idle:IncreaseMaximumIdleMinutesByUserId

ユーザーIDを指定して最大待機時間を加算

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:はい

説明
namespaceNamestringネームスペース名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
categoryNamestringカテゴリーモデル名
increaseMinutesint最大待機時間を増やす分数
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Idle:IncreaseMaximumIdleMinutesByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "categoryName": "[string]カテゴリーモデル名",
        "increaseMinutes": "[int]最大待機時間を増やす分数",
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Idle:IncreaseMaximumIdleMinutesByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  categoryName: "[string]カテゴリーモデル名"
  increaseMinutes: "[int]最大待機時間を増やす分数"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("idle").acquire.increase_maximum_idle_minutes_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    userId="[string]ユーザーID",
    categoryName="[string]カテゴリーモデル名",
    increaseMinutes="[int]最大待機時間を増やす分数",
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})

Gs2Idle:SetMaximumIdleMinutesByUserId

ユーザーIDを指定して最大待機時間を設定

数量指定可能なアクション:いいえ

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
categoryNamestringカテゴリーモデル名
maximumIdleMinutesint設定する最大待機時間
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Idle:SetMaximumIdleMinutesByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "categoryName": "[string]カテゴリーモデル名",
        "maximumIdleMinutes": "[int]設定する最大待機時間",
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Idle:SetMaximumIdleMinutesByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  categoryName: "[string]カテゴリーモデル名"
  maximumIdleMinutes: "[int]設定する最大待機時間"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("idle").acquire.set_maximum_idle_minutes_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    userId="[string]ユーザーID",
    categoryName="[string]カテゴリーモデル名",
    maximumIdleMinutes="[int]設定する最大待機時間",
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})

Gs2Idle:ReceiveByUserId

報酬を受け取る

数量指定可能なアクション:いいえ

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
categoryNamestringカテゴリーモデル名
configConfig[]スタンプシートの変数に適用する設定値
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Idle:ReceiveByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "categoryName": "[string]カテゴリーモデル名",
        "config": [
            {
                "key": "[string]名前",
                "value": "[string]値"
            }
        ],
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Idle:ReceiveByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  categoryName: "[string]カテゴリーモデル名"
  config: 
    - key: "[string]名前"
      value: "[string]値"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("idle").acquire.receive_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    userId="[string]ユーザーID",
    categoryName="[string]カテゴリーモデル名",
    config={
        {
            key="[string]名前",
            value="[string]値"
        }
    },
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})