GS2-Friend GS2-Deploy/CDK リファレンス

エンティティ

Namespace

ネームスペース

ネームスペースは一つのプロジェクトで同じサービスを異なる用途で複数利用できるようにするための仕組みです。 GS2 のサービスは基本的にネームスペースというレイヤーがあり、ネームスペースが異なれば同じサービスでもまったく別のデータ空間として取り扱われます。

そのため、各サービスの利用を開始するにあたってネームスペースを作成する必要があります。

必須デフォルト値の制限説明
namestring~ 128文字ネームスペース名
descriptionstring~ 1024文字説明文
followScriptScriptSettingフォローされたときに実行するスクリプト
unfollowScriptScriptSettingアンフォローされたときに実行するスクリプト
sendRequestScriptScriptSettingフレンドリクエストを発行したときに実行するスクリプト
cancelRequestScriptScriptSettingフレンドリクエストをキャンセルしたときに実行するスクリプト
acceptRequestScriptScriptSettingフレンドリクエストを承諾したときに実行するスクリプト
rejectRequestScriptScriptSettingフレンドリクエストを拒否したときに実行するスクリプト
deleteFriendScriptScriptSettingフレンドを削除したときに実行するスクリプト
updateProfileScriptScriptSettingプロフィールを更新したときに実行するスクリプト
followNotificationNotificationSettingフォローされたときのプッシュ通知
receiveRequestNotificationNotificationSettingフレンドリクエストが届いたときのプッシュ通知
acceptRequestNotificationNotificationSettingフレンドリクエストが承認されたときのプッシュ通知
logSettingLogSettingログの出力設定

GetAttr

説明
ItemNamespace作成したネームスペース

実装例

Type: GS2::Friend::Namespace
Properties:
  Name: namespace1
  Description: null
  FollowScript: null
  UnfollowScript: null
  SendRequestScript: null
  CancelRequestScript: null
  AcceptRequestScript: null
  RejectRequestScript: null
  DeleteFriendScript: null
  UpdateProfileScript: null
  FollowNotification: null
  ReceiveRequestNotification: null
  AcceptRequestNotification: null
  LogSetting: 
    LoggingNamespaceId: grn:gs2:ap-northeast-1:YourOwnerId:log:namespace1
from gs2_cdk import Stack, core, friend

class SampleStack(Stack):

    def __init__(self):
        super().__init__()
        friend.Namespace(
            stack=self,
            name="namespace-0001",
            options=friend.NamespaceOptions(
                log_setting=core.LogSetting(
                    logging_namespace_id='grn:gs2:ap-northeast-1:YourOwnerId:log:namespace-0001',
                ),
            ),
        )

print(SampleStack().yaml())  # Generate Template
class SampleStack extends \Gs2Cdk\Core\Model\Stack
{
    function __construct() {
        parent::__construct();
        new \Gs2Cdk\Friend\Model\Namespace_(
            stack: $this,
            name: "namespace-0001",
            options: new \Gs2Cdk\Friend\Model\Options\NamespaceOptions(
                logSetting: new \Gs2Cdk\Core\Model\LogSetting(
                    loggingNamespaceId: "grn:gs2:ap-northeast-1:YourOwnerId:log:namespace-0001"
                )
            )
        );
    }
}

print((new SampleStack())->yaml());  // Generate Template
class SampleStack extends io.gs2.cdk.core.model.Stack
{
    public SampleStack() {
        super();
        new io.gs2.cdk.friend.model.Namespace(
            this,
            "namespace-0001",
            new io.gs2.cdk.friend.model.options.NamespaceOptions() {
                {
                    logSetting = new io.gs2.cdk.core.model.LogSetting(
                        loggingNamespaceId = "grn:gs2:ap-northeast-1:YourOwnerId:log:namespace-0001"
                    );
                }
            }
        );
    }
}

System.out.println(new SampleStack().yaml());  // Generate Template
import core from "@/gs2cdk/core";
import friend from "@/gs2cdk/friend";

class SampleStack extends core.Stack
{
    public constructor() {
        super();
        new friend.model.Namespace(
            this,
            "namespace-0001",
            {
                logSetting: new core.LogSetting(
                    "grn:gs2:ap-northeast-1:YourOwnerId:log:namespace-0001"
                )
            }
        );
    }
}

console.log(new SampleStack().yaml());  // Generate Template
public class SampleStack : Gs2Cdk.Core.Model.Stack
{
    public SampleStack() {
        new Gs2Cdk.Gs2Friend.Model.Namespace(
            this,
            "namespace-0001",
            new Gs2Cdk.Gs2Friend.Model.Options.NamespaceOptions {
                logSetting = new Gs2Cdk.Core.Model.LogSetting(
                    LoggingNamespaceId = "grn:gs2:ap-northeast-1:YourOwnerId:log:namespace-0001"
                )
            }
        );
    }
}

Debug.Log(new SampleStack().Yaml());  // Generate Template

ScriptSetting

スクリプト設定

GS2 ではマイクロサービスのイベントに関連づけて、カスタムスクリプトを実行することができます。 このモデルは、スクリプトの実行をトリガーするための設定を保持します。

スクリプトの実行方式は大きく2種類あり、それは「同期実行」と「非同期実行」です。 同期実行は、スクリプトの実行が完了するまで処理がブロックされます。 かわりに、スクリプトの実行結果を使ってAPIの実行を止めたり、APIの結果を改ざんすることができます。

一方、非同期実行は、スクリプトの実行が完了するまで処理がブロックされません。 かわりに、スクリプトの実行結果を使ってAPIの実行を止めたり、APIの結果を改ざんすることはできません。 しかし、非同期実行は、スクリプトの実行が完了するまで処理がブロックされないため、APIの応答に影響を与えないため、原則非同期実行を使用することをおすすめします。

非同期実行には実行方式が2種類あり、GS2-Script と Amazon EventBridge があります。 Amazon EventBridge を使用することで、Lua 以外の言語で処理を記述することができます。

必須デフォルト値の制限説明
triggerScriptIdstring~ 1024文字スクリプトGRN
doneTriggerTargetTypeenum [
“none”,
“gs2_script”,
“aws”
]
“none”~ 128文字完了通知の通知先
doneTriggerScriptIdstring{doneTriggerTargetType} == “gs2_script”~ 1024文字スクリプトGRN
doneTriggerQueueNamespaceIdstring{doneTriggerTargetType} == “gs2_script”~ 1024文字ネームスペースGRN

NotificationSetting

プッシュ通知に関する設定

GS2 のマイクロサービス内で何らかのイベントが発生した際に、プッシュ通知を送信するための設定です。 ここでいうプッシュ通知は GS2-Gateway の提供する WebSocket インターフェースを経由した処理であり、スマートフォンのプッシュ通知とは性質が異なります。 たとえば、マッチメイキングが完了した時やフレンドリクエストが届いた時など、ゲームクライアントの操作とは関係なく状態が変化した際に GS2-Gateway を経由してプッシュ通知をすることで、ゲームクライアントは状態の変化を検知することができます。

GS2-Gateway のプッシュ通知は通知先のデバイスがオフラインだった時に追加の処理としてモバイルプッシュ通知を送信できます。 モバイルプッシュ通知をうまく利用すれば、マッチメイキング中にゲームを終了しても、モバイルプッシュ通知を使用してプレイヤーに通知し、ゲームに戻ってくるフローを実現できる可能性があります。

必須デフォルト値の制限説明
gatewayNamespaceIdstring“grn:gs2:{region}:{ownerId}:gateway:default”~ 1024文字プッシュ通知に使用する GS2-Gateway のネームスペース
enableTransferMobileNotificationbool?falseモバイルプッシュ通知へ転送するか
soundstring{enableTransferMobileNotification} == true~ 1024文字モバイルプッシュ通知で使用するサウンドファイル名

LogSetting

ログの書き出し設定

ログデータの書き出し設定を管理します。この型は、ログデータを書き出すために使用されるログ名前空間の識別子(Namespace ID)を保持します。 ログ名前空間IDは、ログデータを集約し、保存する対象の GS2-Log の名前空間を指定します。 この設定を通じて、この名前空間以下のAPIリクエスト・レスポンスログデータが対象の GS2-Log へ出力されるようになります。 GS2-Log にはリアルタイムでログが提供され、システムの監視や分析、デバッグなどに利用できます。

必須デフォルト値の制限説明
loggingNamespaceIdstring~ 1024文字ネームスペースGRN