GS2-Exchange トランザクションアクション

ConsumeAction

Gs2Exchange:DeleteAwaitByUserId

交換待機を削除

数量指定可能なアクション:いいえ

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
awaitNamestring交換待機の名前
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Exchange:DeleteAwaitByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "awaitName": "[string]交換待機の名前",
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Exchange:DeleteAwaitByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  awaitName: "[string]交換待機の名前"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("exchange").consume.delete_await_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    userId="[string]ユーザーID",
    awaitName="[string]交換待機の名前",
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})

AcquireAction

Gs2Exchange:ExchangeByUserId

ユーザIDを指定して交換を実行

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
rateNamestring交換レートの名前
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
countint交換するロット数
configConfig[]スタンプシートの変数に適用する設定値
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Exchange:ExchangeByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "rateName": "[string]交換レートの名前",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "count": "[int]交換するロット数",
        "config": [
            {
                "key": "[string]名前",
                "value": "[string]値"
            }
        ],
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Exchange:ExchangeByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  rateName: "[string]交換レートの名前"
  userId: "[string]ユーザーID"
  count: "[int]交換するロット数"
  config: 
    - key: "[string]名前"
      value: "[string]値"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("exchange").acquire.exchange_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    rateName="[string]交換レートの名前",
    userId="[string]ユーザーID",
    count="[int]交換するロット数",
    config={
        {
            key="[string]名前",
            value="[string]値"
        }
    },
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})

Gs2Exchange:IncrementalExchangeByUserId

ユーザIDを指定してコスト上昇型交換を実行

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
rateNamestringコスト上昇型交換レートの名前
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
countint交換するロット数
configConfig[]スタンプシートの変数に適用する設定値
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Exchange:IncrementalExchangeByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "rateName": "[string]コスト上昇型交換レートの名前",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "count": "[int]交換するロット数",
        "config": [
            {
                "key": "[string]名前",
                "value": "[string]値"
            }
        ],
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Exchange:IncrementalExchangeByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  rateName: "[string]コスト上昇型交換レートの名前"
  userId: "[string]ユーザーID"
  count: "[int]交換するロット数"
  config: 
    - key: "[string]名前"
      value: "[string]値"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("exchange").acquire.incremental_exchange_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    rateName="[string]コスト上昇型交換レートの名前",
    userId="[string]ユーザーID",
    count="[int]交換するロット数",
    config={
        {
            key="[string]名前",
            value="[string]値"
        }
    },
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})

Gs2Exchange:UnlockIncrementalExchangeByUserId

交換処理のロックを解除

数量指定可能なアクション:いいえ

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
rateNamestringコスト上昇型交換レートの名前
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
lockTransactionIdstringロックに使用したトランザクションID
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Exchange:UnlockIncrementalExchangeByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "rateName": "[string]コスト上昇型交換レートの名前",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "lockTransactionId": "[string]ロックに使用したトランザクションID",
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Exchange:UnlockIncrementalExchangeByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  rateName: "[string]コスト上昇型交換レートの名前"
  userId: "[string]ユーザーID"
  lockTransactionId: "[string]ロックに使用したトランザクションID"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("exchange").acquire.unlock_incremental_exchange_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    rateName="[string]コスト上昇型交換レートの名前",
    userId="[string]ユーザーID",
    lockTransactionId="[string]ロックに使用したトランザクションID",
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})

Gs2Exchange:CreateAwaitByUserId

交換待機を作成

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
rateNamestring交換レートの名前
countint交換数
configConfig[]報酬取得時に適用する設定値のデフォルト値
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Exchange:CreateAwaitByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "rateName": "[string]交換レートの名前",
        "count": "[int]交換数",
        "config": [
            {
                "key": "[string]名前",
                "value": "[string]値"
            }
        ],
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Exchange:CreateAwaitByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  rateName: "[string]交換レートの名前"
  count: "[int]交換数"
  config: 
    - key: "[string]名前"
      value: "[string]値"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("exchange").acquire.create_await_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    userId="[string]ユーザーID",
    rateName="[string]交換レートの名前",
    count="[int]交換数",
    config={
        {
            key="[string]名前",
            value="[string]値"
        }
    },
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})

Gs2Exchange:SkipByUserId

交換待機を対価を払ってスキップ

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
awaitNamestring交換待機の名前
skipTypeenum [
“complete”,
“minutes”,
“totalRate”,
“remainRate”
]
スキップ方法
minutesintスキップする分数
ratefloatスキップする割合
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Exchange:SkipByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "awaitName": "[string]交換待機の名前",
        "skipType": "[string]スキップ方法",
        "minutes": "[int]スキップする分数",
        "rate": "[float]スキップする割合",
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Exchange:SkipByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  awaitName: "[string]交換待機の名前"
  skipType: "[string]スキップ方法"
  minutes: "[int]スキップする分数"
  rate: "[float]スキップする割合"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("exchange").acquire.skip_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    userId="[string]ユーザーID",
    awaitName="[string]交換待機の名前",
    skipType="[string]スキップ方法",
    minutes="[int]スキップする分数",
    rate="[float]スキップする割合",
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})