GS2-Enhance トランザクションアクション

ConsumeAction

Gs2Enhance:DeleteProgressByUserId

ユーザIDを指定して実行中の強化を削除

数量指定可能なアクション:いいえ

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Enhance:DeleteProgressByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Enhance:DeleteProgressByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("enhance").consume.delete_progress_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    userId="[string]ユーザーID",
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})

AcquireAction

Gs2Enhance:DirectEnhanceByUserId

ユーザIDを指定して強化を実行

ネームスペース設定でトランザクションの自動実行を有効にしている場合はこのAPIで強化を実行することを推奨します。 しかし、自動実行を無効化し、手動で実行する場合、このAPIは実行速度を最適化する代わりにセキュリティ的に課題を抱えています。

スタンプシートの発行と同時に「成功」「大成功」を表現するためのボーナスレートも応答していますが、 それによって、スタンプシートを発行だけして実行しないことで、選別が可能となっています。 選別を出来ないようにするには、Progress にある Start / End APIを利用することで、 Start を呼び出したタイミングで強化素材を消費し、ボーナスレートを確定し End を呼び出したタイミングで経験値を得るためのスタンプシートを発行するようにすることができます。

数量指定可能なアクション:いいえ

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
rateNamestring強化レート名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
targetItemSetIdstring有効期限ごとのアイテム所持数量GRN
materialsMaterial[]強化素材リスト
configConfig[]スタンプシートの変数に適用する設定値
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Enhance:DirectEnhanceByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "rateName": "[string]強化レート名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "targetItemSetId": "[string]有効期限ごとのアイテム所持数量GRN",
        "materials": [
            {
                "materialItemSetId": "[string]有効期限ごとのアイテム所持数量GRN",
                "count": "[int]消費数量"
            }
        ],
        "config": [
            {
                "key": "[string]名前",
                "value": "[string]値"
            }
        ],
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Enhance:DirectEnhanceByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  rateName: "[string]強化レート名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  targetItemSetId: "[string]有効期限ごとのアイテム所持数量GRN"
  materials: 
    - materialItemSetId: "[string]有効期限ごとのアイテム所持数量GRN"
      count: "[int]消費数量"
  config: 
    - key: "[string]名前"
      value: "[string]値"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("enhance").acquire.direct_enhance_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    rateName="[string]強化レート名",
    userId="[string]ユーザーID",
    targetItemSetId="[string]有効期限ごとのアイテム所持数量GRN",
    materials={
        {
            materialItemSetId="[string]有効期限ごとのアイテム所持数量GRN",
            count="[int]消費数量"
        }
    },
    config={
        {
            key="[string]名前",
            value="[string]値"
        }
    },
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})

Gs2Enhance:UnleashByUserId

ユーザーIDを指定して限界突破を実行

GS2-Grade で管理するグレードを引き上げる強化処理で利用します。 なかでも、同種アイテムを素材として消費することでレベルキャップを引き上げるタイプの限界突破に利用します。

指定された素材を消費する代わりに限界突破対象のリソースのグレードを1引き上げることができます。 素材となるリソースが経験値などのリソースを持っていたとしても、そのリソースは引き継がれません。 引き継ぎが必要な場合は、事前に別のリソースに引き継ぐためのリソースに変換しておく必要があります。

数量指定可能なアクション:いいえ

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
rateNamestring強化レート名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
targetItemSetIdstring有効期限ごとのアイテム所持数量GRN
materialsstring[]限界突破素材リスト
configConfig[]スタンプシートの変数に適用する設定値
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Enhance:UnleashByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "rateName": "[string]強化レート名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "targetItemSetId": "[string]有効期限ごとのアイテム所持数量GRN",
        "materials": [
            "[string]素材"
        ],
        "config": [
            {
                "key": "[string]名前",
                "value": "[string]値"
            }
        ],
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Enhance:UnleashByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  rateName: "[string]強化レート名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  targetItemSetId: "[string]有効期限ごとのアイテム所持数量GRN"
  materials: 
    - "[string]素材"
  config: 
    - key: "[string]名前"
      value: "[string]値"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("enhance").acquire.unleash_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    rateName="[string]強化レート名",
    userId="[string]ユーザーID",
    targetItemSetId="[string]有効期限ごとのアイテム所持数量GRN",
    materials={
        "[string]素材"
    },
    config={
        {
            key="[string]名前",
            value="[string]値"
        }
    },
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})

Gs2Enhance:CreateProgressByUserId

ユーザIDを指定して実行中の強化を作成

数量指定可能なアクション:いいえ

反転可能なアクション:はい

説明
namespaceNamestringネームスペース名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
rateNamestringレートモデル名
targetItemSetIdstring有効期限ごとのアイテム所持数量GRN
materialsMaterial[]強化素材リスト
forceboolすでに開始している強化がある場合にそれを破棄して開始するか
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Enhance:CreateProgressByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "rateName": "[string]レートモデル名",
        "targetItemSetId": "[string]有効期限ごとのアイテム所持数量GRN",
        "materials": [
            {
                "materialItemSetId": "[string]有効期限ごとのアイテム所持数量GRN",
                "count": "[int]消費数量"
            }
        ],
        "force": "[bool]すでに開始している強化がある場合にそれを破棄して開始するか",
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Enhance:CreateProgressByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  rateName: "[string]レートモデル名"
  targetItemSetId: "[string]有効期限ごとのアイテム所持数量GRN"
  materials: 
    - materialItemSetId: "[string]有効期限ごとのアイテム所持数量GRN"
      count: "[int]消費数量"
  force: "[bool]すでに開始している強化がある場合にそれを破棄して開始するか"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("enhance").acquire.create_progress_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    userId="[string]ユーザーID",
    rateName="[string]レートモデル名",
    targetItemSetId="[string]有効期限ごとのアイテム所持数量GRN",
    materials={
        {
            materialItemSetId="[string]有効期限ごとのアイテム所持数量GRN",
            count="[int]消費数量"
        }
    },
    force="[bool]すでに開始している強化がある場合にそれを破棄して開始するか",
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})