GS2-Enchant トランザクションアクション

ConsumeAction

Gs2Enchant:VerifyRarityParameterStatusByUserId

ユーザーIDを指定してレアリティパラメーターに関する検証

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
parameterNamestringレアリティパラメーターモデル名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
propertyIdstringパラメーターの保有元リソースのプロパティID
verifyTypeenum [
“havent”,
“have”,
“count”
]
検証の種類
parameterValueNamestring名前
parameterCountint検証するパラメーターの数
multiplyValueSpecifyingQuantitybool数量指定した際に、検証に使用する値も乗算するか
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Enchant:VerifyRarityParameterStatusByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "parameterName": "[string]レアリティパラメーターモデル名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "propertyId": "[string]パラメーターの保有元リソースのプロパティID",
        "verifyType": "[string]検証の種類",
        "parameterValueName": "[string]名前",
        "parameterCount": "[int]検証するパラメーターの数",
        "multiplyValueSpecifyingQuantity": "[bool]数量指定した際に、検証に使用する値も乗算するか",
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Enchant:VerifyRarityParameterStatusByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  parameterName: "[string]レアリティパラメーターモデル名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  propertyId: "[string]パラメーターの保有元リソースのプロパティID"
  verifyType: "[string]検証の種類"
  parameterValueName: "[string]名前"
  parameterCount: "[int]検証するパラメーターの数"
  multiplyValueSpecifyingQuantity: "[bool]数量指定した際に、検証に使用する値も乗算するか"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("enchant").consume.verify_rarity_parameter_status_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    parameterName="[string]レアリティパラメーターモデル名",
    userId="[string]ユーザーID",
    propertyId="[string]パラメーターの保有元リソースのプロパティID",
    verifyType="[string]検証の種類",
    parameterValueName="[string]名前",
    parameterCount="[int]検証するパラメーターの数",
    multiplyValueSpecifyingQuantity="[bool]数量指定した際に、検証に使用する値も乗算するか",
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})

AcquireAction

Gs2Enchant:ReDrawBalanceParameterStatusByUserId

バランスパラメーターを再抽選

数量指定可能なアクション:いいえ

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
parameterNamestringバランスパラメーターモデル名
propertyIdstringパラメーターの保有元リソースのプロパティID
fixedParameterNamesstring[]再抽選しないパラメーターの名前リスト
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Enchant:ReDrawBalanceParameterStatusByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "parameterName": "[string]バランスパラメーターモデル名",
        "propertyId": "[string]パラメーターの保有元リソースのプロパティID",
        "fixedParameterNames": [
            "[string]再抽選しないパラメーターの名前"
        ],
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Enchant:ReDrawBalanceParameterStatusByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  parameterName: "[string]バランスパラメーターモデル名"
  propertyId: "[string]パラメーターの保有元リソースのプロパティID"
  fixedParameterNames: 
    - "[string]再抽選しないパラメーターの名前"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("enchant").acquire.re_draw_balance_parameter_status_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    userId="[string]ユーザーID",
    parameterName="[string]バランスパラメーターモデル名",
    propertyId="[string]パラメーターの保有元リソースのプロパティID",
    fixedParameterNames={
        "[string]再抽選しないパラメーターの名前"
    },
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})

Gs2Enchant:SetBalanceParameterStatusByUserId

バランスパラメーターに任意の値を設定

数量指定可能なアクション:いいえ

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
parameterNamestringバランスパラメーターモデル名
propertyIdstringパラメーターの保有元リソースのプロパティID
parameterValuesBalanceParameterValue[]バランスパラメーターの値リスト
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Enchant:SetBalanceParameterStatusByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "parameterName": "[string]バランスパラメーターモデル名",
        "propertyId": "[string]パラメーターの保有元リソースのプロパティID",
        "parameterValues": [
            {
                "name": "[string]名前",
                "value": "[long]値"
            }
        ],
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Enchant:SetBalanceParameterStatusByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  parameterName: "[string]バランスパラメーターモデル名"
  propertyId: "[string]パラメーターの保有元リソースのプロパティID"
  parameterValues: 
    - name: "[string]名前"
      value: "[long]値"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("enchant").acquire.set_balance_parameter_status_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    userId="[string]ユーザーID",
    parameterName="[string]バランスパラメーターモデル名",
    propertyId="[string]パラメーターの保有元リソースのプロパティID",
    parameterValues={
        {
            name="[string]名前",
            value="[long]値"
        }
    },
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})

Gs2Enchant:ReDrawRarityParameterStatusByUserId

レアリティパラメーターを再抽選

数量指定可能なアクション:いいえ

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
parameterNamestringレアリティパラメーターモデル名
propertyIdstringパラメーターの保有元リソースのプロパティID
fixedParameterNamesstring[]再抽選しないパラメーターの名前リスト
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Enchant:ReDrawRarityParameterStatusByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "parameterName": "[string]レアリティパラメーターモデル名",
        "propertyId": "[string]パラメーターの保有元リソースのプロパティID",
        "fixedParameterNames": [
            "[string]再抽選しないパラメーターの名前"
        ],
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Enchant:ReDrawRarityParameterStatusByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  parameterName: "[string]レアリティパラメーターモデル名"
  propertyId: "[string]パラメーターの保有元リソースのプロパティID"
  fixedParameterNames: 
    - "[string]再抽選しないパラメーターの名前"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("enchant").acquire.re_draw_rarity_parameter_status_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    userId="[string]ユーザーID",
    parameterName="[string]レアリティパラメーターモデル名",
    propertyId="[string]パラメーターの保有元リソースのプロパティID",
    fixedParameterNames={
        "[string]再抽選しないパラメーターの名前"
    },
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})

Gs2Enchant:AddRarityParameterStatusByUserId

レアリティパラメーターを追加

数量指定可能なアクション:はい

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
parameterNamestringレアリティパラメーターモデル名
propertyIdstringパラメーターの保有元リソースのプロパティID
countint追加するパラメーターの数
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Enchant:AddRarityParameterStatusByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "parameterName": "[string]レアリティパラメーターモデル名",
        "propertyId": "[string]パラメーターの保有元リソースのプロパティID",
        "count": "[int]追加するパラメーターの数",
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Enchant:AddRarityParameterStatusByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  parameterName: "[string]レアリティパラメーターモデル名"
  propertyId: "[string]パラメーターの保有元リソースのプロパティID"
  count: "[int]追加するパラメーターの数"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("enchant").acquire.add_rarity_parameter_status_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    userId="[string]ユーザーID",
    parameterName="[string]レアリティパラメーターモデル名",
    propertyId="[string]パラメーターの保有元リソースのプロパティID",
    count="[int]追加するパラメーターの数",
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})

Gs2Enchant:SetRarityParameterStatusByUserId

レアリティパラメーターに任意の値を設定

数量指定可能なアクション:いいえ

反転可能なアクション:いいえ

説明
namespaceNamestringネームスペース名
userIdstring#{userId} と設定することでログイン中のユーザーIDに置換されます
parameterNamestringレアリティパラメーターモデル名
propertyIdstringパラメーターの保有元リソースのプロパティID
parameterValuesRarityParameterValue[]レアリティパラメーターの値リスト
timeOffsetTokenstringタイムオフセットトークン
{
    "action": "Gs2Enchant:SetRarityParameterStatusByUserId",
    "request": {
        "namespaceName": "[string]ネームスペース名",
        "userId": "[string]ユーザーID",
        "parameterName": "[string]レアリティパラメーターモデル名",
        "propertyId": "[string]パラメーターの保有元リソースのプロパティID",
        "parameterValues": [
            {
                "name": "[string]名前",
                "resourceName": "[string]リソースの名前",
                "resourceValue": "[long]リソースの値"
            }
        ],
        "timeOffsetToken": "[string]タイムオフセットトークン"
    }
}
action: Gs2Enchant:SetRarityParameterStatusByUserId
request:
  namespaceName: "[string]ネームスペース名"
  userId: "[string]ユーザーID"
  parameterName: "[string]レアリティパラメーターモデル名"
  propertyId: "[string]パラメーターの保有元リソースのプロパティID"
  parameterValues: 
    - name: "[string]名前"
      resourceName: "[string]リソースの名前"
      resourceValue: "[long]リソースの値"
  timeOffsetToken: "[string]タイムオフセットトークン"
transaction.service("enchant").acquire.set_rarity_parameter_status_by_user_id({
    namespaceName="[string]ネームスペース名",
    userId="[string]ユーザーID",
    parameterName="[string]レアリティパラメーターモデル名",
    propertyId="[string]パラメーターの保有元リソースのプロパティID",
    parameterValues={
        {
            name="[string]名前",
            resourceName="[string]リソースの名前",
            resourceValue="[long]リソースの値"
        }
    },
    timeOffsetToken="[string]タイムオフセットトークン",
})